illness と disease

どう使えばいいの?と思う人が多いのが illness と disease という単語。どちらも日本語では「病気」となってしまうことが多い。無冠詞の illness は具体的な病気ではなく「病気の状態」で My father is liable to illness.(父は病気の状態になりやすい)などと使う。ill は「邪悪な、不吉な、悪い」といった意味で抽象名詞をつくる -ness という接尾語がついた形だ。この illness に不定冠詞 a/an がつくと、特定の病気になる。例文を挙げておく。My grandmother is suffering from a serious illness.(祖母は深刻な病気を患っている)一方 disease は dis=not と ease(楽)からなる単語で「楽でないこと」、つまり「病気」というを意味する。病気の種別をいうときに名詞を前に置くときは不可算で使う。心臓病は heart disease だ。但し形容詞がつくと不定冠詞がつく。感染病 an infectious disease, 不治の病 a fatal disease などがその例だ。病気はつらいし悩みの種にもなってしまう。おまけに使い方まで難しいなんて...