カンタンな感嘆文

what や how を使った感嘆文は中学校で習った通りだ。教科書的な例文を出せば、What a nice car you have!(わぁー、素敵な車をお持ちですね!) とか How beautiful this garden is!(このお庭きれい!) などがこれにあたる。感嘆した瞬間は単純な気持ちからくると思うので、口にでる言葉も主語と動詞の部分を言わない単純なケースが多いのではないか。アメリカ女性はよく How nice!(すてき!) とか How nice of you!(ありがとう!)などと口にするようだ。でも意外にもこんなものも感嘆文になるらしい。Poor me!(情けないなぁ)、Silly me!(バカなことしたなぁ)、Lucky you!(ついてるね)などなど。これらの構造は「形容詞+目的格!」という形になっている。では「ああ腹へった!」は Hungry me! とか 「めっちゃ眠た!」Sleepy me! 言えるのだろうか。今度、苦笑されるのを覚悟に、ネイティブ相手に使って反応を見てみようと思う。