動詞+that節の意味

頭のなかで思っていることの表明、つまり「考え」や「認識」の伝達や提示にはthat節を目的語に使う。たとえば、I think (that) it will be a beautiful day tomorrow. みたいに。ということは、何か難しそうな動詞らしきものの後ろにthat節が続いていたら、その動詞は「思う」とか「言う」という意味だと思って読み進めればよい。「形が意味を決める」「意味で形が決まる」これが英語の論理なのだろう、と思う。