2017年

3月

16日

make it

大学の英語クラブの仲間で作ったTシャツに Live it up! とプリントされていた。これは「(飲んだり騒いだりして)大いに楽しもう」くらいの意味なのだそうだ。調べてみると、この it up は「大いに」という意味を加えているのであって、it が何かを指さないようだ。it を使ってもっともっとよく見かけるパターンが make it だ。Can you make it to the party tomorrow. (明日パーティーに来れますか)とか、I made it through the first screening. (第一次審査を通った)とか、I made it. (やった!成功だ!)とか、よく耳にする。まとめてみると、1. 仕事や計画がうまくいく 2. 日時などが都合がつく 3. 乗り物などに間に合う  というときが多いようだ。make it の後ろにいろんな前置詞を置くことでその意味はどんどん広がっていく。

0 コメント

2017年

3月

14日

華氏か摂氏か

日本を含め季節の移り変わりがある地域では天気や気温の話をよくする。今日はちょっと参考となる計算式をひとつ。梅田の阪急系のホテルで働いていた京都の家具屋の長男、OM君。ある時、フライトアテンダントになりたい、航空会社を受けるので TOEIC を教えてくれと言ってきた。当初 480点だったが、1年ほど指導した結果 680点までスコアアップした。それでも外資系は700~750点を要求してくるそうで、レッスンは続けながらリクルート活動をしていた。3社目にしてTOEIC680にしてヨーロッパのエアラインに合格してしまった。彼によればそのエアラインのリクルート担当者(日本人)は「字を見て人を判断する人」だったそうで、OM君は子供のころからペン習字を習っていて見とれるほど字がきれいだった。TOEICの点数が要求に満たないにもかかわらず、その採用担当者が彼を強く押してくれての合格だったそうである。その後、OM君はTOEICの勉強を続け800点をとり、ドイツ語検定準1級も取得した。いまは北欧系のエアラインでFAとして働いている。

さて、話はそれたが、そのOM君から聞いた計算式について。日本では摂氏を使うが世界の一部の国は華氏を使っている。彼のような職業だと摂氏と華氏の両方を使い分ける必要がある。摂氏になじんでいるので、華氏を摂氏にして考えたいときは、「華氏を半分にして10を引くと摂氏になる」とのこと。ということは、摂氏を華氏したいときは、「摂氏に10を足して2倍にする」ことになる。ただし、簡易計算なので多少の誤差がある。

0 コメント

2017年

3月

11日

夢かうつつか

数ある文法項目のなかで後回しにしがちな仮定法。でも結構使うのではないだろうか。I wish I had gotten here 10 minutes early. (10分速くここに着いていたらなあ)なんて後悔することは結構あるはずだ。「...着いていたら彼女に会えたのに」と帰結まで言いたければ、I wish を If に変えて、帰結節を加えればいい。つまり、If I had gotten here 10 minutes early, I could have been able to see her. となる。夢は現からかけ離れている。その距離感を時間をずらして表現するのが仮定法だ。昔、どこかの英会話スクールの CM に、"I wish I were a bird." と女の子が手を広げて言っていたのを思い出す。ちなみに、後悔するときは I should have gotten here 10 minutes early. とか I regret I didn't gotten here 10 minutes early. とも言える。ちなみに wish は、I wish you a merry Christmas. と SVOO の形も可能だが、昔のイギリスで「メリークリスマス」を過ごせたのは、ほんのごく一部の富裕層のみだった。だから非現実的に希望する wish を用いるのだと聞いたことがある。

0 コメント

2017年

3月

07日

センターかミドルか

子供のときに親に 「ヘルスセンター」によく連れて行ってもらったものだ。ちょっとした遊園地のアトラクションと動物園が一緒になったような施設だった。この「センター」という言葉、いまでは「AKBのセンターは~だ」のようにグループの中心で歌うメンバーのことも指したりもする。私は面や球の中心点が center、線の中心点が middle と覚えるようにしている。部屋の中心は the center of the room だし、時を線の流れとすれば the middle of February となる。この center に「大切な」「重要な」という感情を込めたものが heart だ。だから the center of town(街の中心部) にあっても the heart of town(繁華街) とは限らないわけだ。この heart を別の角度から表現すると「人の感情が宿るところ」ともいえる。mind と soul との違いは何かというと mind は知性や理性が宿るところ、soulは精神や魂が宿るところだ。

0 コメント

2017年

3月

06日

主語と動詞の入れ替え?

今は This is a pen. から英語を習わないようだ。日本人の英語が昔とそれほどよくなっていないという話を聞くと、個人的にはコミュニケーションを謳った今の英語教育よりもよかったような気もしないでもない。This is a pen. を Is this a pen? とすると疑問文になるのは異論がないだろう。「でもなぜ?」と先生に質問した方はそんなに多くはないのでは。子供に「アルファベットを言ってごらん」と A,B,C,D,E,F,G... を言わせてみる。そのあとで A,C,B,D,E,F,G... と私がいうと、その子供は「先生、それ違う」と疑問を呈する。それが「?」ではないか。正しい順番でないと疑問が生じるからだ、と単純に思えばいいのではダメだろうか。

0 コメント
出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
http://www.telanan.com/ フードボウル チャットレディー 出会い系 出会い テレクラ 出会い メル友掲示板 メル友出会い